愛知県内唯一の看護短期大学

愛知きわみ看護短期大学

資料請求

大学案内

HOME  >  大学案内  >  きわみからのメッセージ
大学案内
入試情報
キャンパスライフ
就職・資格
情報公開
図書館
学園祭
教員募集

きわみからのメッセージ

ごあいさつ

1.他人を思いやる心を育てること

 人を思いやるということはどんなことでしょうか。
私は、人の喜びをともに喜ぶこと、そして、人の苦しみを感じ取ることだと思います。これは人と人との関わりを通じて培われる能力です。今日から机を並べる学友や先輩と、あるいは教職員と、そして皆さんのご家族と、しっかりとした関わりを持って3年間を過ごしてください。その中で,人を思いやる力を育てていってください。この力こそ、人間として、看護職として、大変重要な能力と考えます。どんなに知識があっても、体力があっても、この思いやるという力なしに、よき看護職にはなれないと確信しております。

2.よき友人をつくること、またよき友人となること

 私たちは生まれてから死ぬまでの間に何人の人と出会い、何人と深い人間関係を持つでしょうか。考えてみますと、狭い日本の中だけでも、同じ時に同じ場所で3年間をともに過ごすという運命を生きることは、奇跡的な偶然です。この偶然の出会いで、人生における重要な意味を持つ人、たとえば生涯の親友を見つけるかもしれません。皆さんのこれからの3年間には無限の可能性があります。皆さん、どうかこの奇跡を無駄にしないで一生の友人、あるいは自分の生きる目的を見つけていただきたいと思います。

3.プロフェッショナルとしての看護師をめざすこと

 学生生活を通して、看護のプロフェツショナルとはどのような人かを考え、各自の看護観を深めていかれることを期待しております。

沿革

2002年 7月 学校法人・看護短期大学設置準備委員会設置
2003年11月 学校法人研伸学園 愛知きわみ看護短期大学 認可
2003年12月 初代学長として田中道子就任
2004年 4月 開学
2005年11月 グランド完成
2006年1月 学生食堂「Kiwami Cafe」営業開始
2007年1月 第2代学長として御供泰治就任
2009年7月 診療情報管理士の(社)日本病院会指定校認可取得
2011年3月 財団法人 日本短期大学基準協会より平成22年度第三者評価の結果、適格と認定
2011年7月 日本私立看護系大学協会年次総会において理事校に認定
2012年7月 愛知きわみ看護短期大学同窓会設立
2015年4月 第3代学長として土井まつ子就任

ページの先頭へもどる